面倒な草刈りはプロに依頼しちゃおう|業者選びが重要

MENU

寒さや乾燥に強い草花

畑

枯れた花は摘み取ろう

初心者がゼラニウムの育て方で迷うのは花の時期が終わって冬になってからではないでしょうか。しかしゼラニウムは冬の寒さにも意外と強く、外に出しておいても枯れることはほとんどありません。しかし連日雪の降り積もるような土地では家の中に入れておいた方が育て方としては無難です。家の中は暖房で乾燥していることが多いのですが、ゼラニウムは意外と乾燥にも強いので心配することはありません。また水やりも冬はそれほど必要でなく、植木鉢の表面の土が適度に乾燥しているぐらいがゼラニウムの育て方としては最適です。寒い冬を乗り切ったら次の春にはまた可愛い花をたくさん咲かせてくれます。ゼラニウムが大きくなり植木鉢が小さく感じられてきたら大きな鉢への植え替えが必要です。植え替えは春や秋に行うことが大切で、暑い夏や寒い冬の時期は避けたほうがいいでしょう。ゼラニウムの苗を植えるのも気候の良い春や秋が最適です。ゼラニウムを直接庭に植える場合は、日当たりや風通しがよく湿気の少ない場所を選びます。これはゼラニウムの植木鉢を置く場合にも同じことが言えます。そして適度な水や肥料を与える事がゼラニウムの育て方には必要です。またゼラニウムは小花が次から次へとたくさん咲いてくるので枯れた花や葉はこまめに摘み取るようにしましょう。そのままにしておくと新芽の成長を妨げてしまったり、これらが風で飛んで庭に散らばってしまう場合もあります。このような事に気をつけて育てれば美しい花を咲かせる事ができます。