面倒な草刈りはプロに依頼しちゃおう|業者選びが重要

MENU

ガーデニングで人気の花

ウーマン

初心者でも育てやすい

ゼラニウムは南アフリカなどが原産の花で小さくて可愛い花をたくさん咲かせます。春先から秋の終わり頃まで長期に渡って花を楽しめ、初心者でも育て方が簡単なのでガーデニングでも人気の植物となっています。ゼラニウムの苗の植え付けは3〜5月の間と9月前後の年2回行う事ができます。植木鉢に植える場合は、水はけをよくするために土を入れる前に底に軽石などを敷きつめます。その上に土を入れますが、これは赤玉土7、腐葉土3程度の割合で混ぜた土を入れます。そこに苗を植えてから水をたっぷり与え、日当たりの良い場所に植木鉢をおきます。ゼラニウムの水やりは夏場は土の表面が乾いている場合、たっぷりと水を与えます。また冬の場合は夏ほど水やりを頻繁に行う必要はありません。土がやや乾燥した状態にしておいた方がゼラニウムの生育も良くなります。この時期に水を与えすぎると根腐れを起こすこともあるので育て方には注意しましょう。またゼラニウムの育て方で気をつけなければならないのが日光です。鉢植えの場合は陽のよく当たるところに置いておくことが必要です。しかし夏の暑い日差しはゼラニウムをかえって痛めつけてしまいます。そのため育て方としては、暑い夏の日には軒下など日陰の涼しい場所などが最適です。梅雨の時期や長雨の場合も根腐れなどを避けるため雨が防げるような場所に移動させる事が大事です。ゼラニウムはカビや害虫などがつきやすいので、これを予防するためにも日頃の観察を怠らないようにしましょう。